スタッフブログ

「いからし」?「いがらし」?

  2020/02/09    ブログ

事務所名についてよく人に聞かれることがよくあります。

なぜ、「いがらし」ではなく「いからし」なのか、「珍しい名字だね」とか。

「いからし」という名字は本名なのですが、個人的には「いからし」「いがらし」どちらでも呼びやすい方で呼んでほしいと思っています。正直拘りはありません。

私は新潟県出身で、新潟には「いからし」という名字が多くいます。国立大学の新潟大学がある場所は新潟市西区五十嵐(いからし)があります。包丁や金属加工で有名な三条市では五十嵐(いからし)神社、五十嵐(いからし)川があります。
巷にも「いからし酒店」「いからし接骨院」もあります。

このように新潟では珍しい名字ではありません。

「いからし」の由来は大和朝廷が垂仁天皇の第8皇子の五十日帯日子命(いかたらしひこのみこと)を越の国の開拓に任命され「五十嵐」を名乗ったことが始まりとも言われています。(三条市にある五十嵐神社の祭神が五十日帯日子命です)

一説では「いからし」を名乗れなかった人が「いがらし」を名乗っているとも言われており、我ながら高貴な名前だと思っています。
難点としては書くときにバランスが取りづらいです。
新潟の「潟」はもっと書きづらいですが…。

またある説では東北に行くと言葉のなまりで濁るという説もあります。

他の名字だと関西は「やまさき」、関東は「やまざき」のように地方により濁点がつくつかないがあるという説もあります。

昔、亡き祖母から新潟県外にでると名字が「いがらし」に変わると教わったことがありました。

私も電話等の問い合わせで聞き直されたり、クレジットカードの申し込みで会社が勝手に名字を「いがらし」に変えたりと頻繁に多くあり面倒になりました。(ちなみに五十嵐神社も「いからし」ではなく「いがらし」とweb上誤記が多いです。)

今では自己紹介でも聞き直されたりするので「いからし」ではなく「いがらし」と言うようになってます。

私の知り合いでも本当の名字知らない人多いと思います。皆さんの周りにも本当は「いからしさん」が多いかもしれません。

(出典:ヤスダヨーグルトホームページ

http://www.yasuda-yogurt.co.jp/index.html)

ちなみに私の出身地は新潟県下越地方に位置し、新潟市と隣接する阿賀野市という街です。

白鳥の飛来地である瓢湖や都内でよく販売されているヤスダヨーグルトが有名です。

新潟についてはまたブログに書きたいと思います。