スタッフブログ

感染症による補助金審査加点措置

  2020/03/06    補助金・助成金, 資金調達

経済産業省より下記3つの補助金が今回の新型コロナウィルスによる感染症で影響を受けている事業者に対して、補助金申請時に審査の加点措置を加えるとの発表がありました。

詳しくはこちら

1.ものづくり補助金

対象:中小企業・小規模事業者

目的:新製品の設備投資にかかる費用

補助額 :100万~1,000万円

補助率:中小企業は1/2 小規模事業者は2/3

2.小規模事業者持続化補助金

対象:小規模事業者

目的:販路開拓や生産性向上の取組を支援

補助額:最大50万円まで

補助率: 2/3

3.IT導入補助金

対象:中小企業、小規模事業者

目的:ITツール導入を支援

補助額: 30万~450万円

補助率 :対象経費の1/2

セーフティーネット4号保証の場合は、前年度同月比の売上高が20%以上減少し、かつ、その後2か月間を含む3か月間の売上高等が前年同時期比べて20%以上減少することが見込まれることが条件になっています。

それを踏まえて、事業者様の本店所在地にある区市町村の商工担当窓口に書類を提出して、事実を認定を受けなければなりません。

今回の経済産業省の補助金に対しても同様な措置を講じると思います。

各地でスポーツジムの閉鎖やカラオケボックスの顧客減少など経済的には大打撃を受けている事業者様は多いと思います。

今回の3つの補助金も今月より随時発表されていくと思いますが、場合によっては、公表が遅れたり、申請期間が延長する可能性もあるかもしれません。

詳細が決まりましたらまたお知らせしたいと思います。