スタッフブログ

経営力向上計画のメリット

  2020/04/08    補助金・助成金, 資金調達

(出典画像 中小企業庁ページ https://www.chusho.meti.go.jp/keiei/kyoka/2019/190509kyokapr.pdf)

今回は、「経営力向上計画」のメリットについてお伝えしたいと思います。

「経営力向上計画」とは、人材育成、コスト管理等のマネジメントの向上や設備投資など、自社の経営力を向上するために実施する計画です。

認定された事業者は、税制面、金融面などで様々なメリットを受けることが出来ます。

個人事業主、法人どちらでも作成可能です。

記載内容としては、①企業概要②自社の商品、サービスが対象とする顧客、市場動向、競合の動向③自社の経営状況④経営力向上の目標や指標⑤経営力向上の内容⑥経営力向上を実施するために必要な資金の額及びその調達方法⑦経営力向上設備等の種類を記載することになります。

「経営力向上計画」の認定を受けることで主なメリットは下記になります。

①税制上の優遇・・・設備投資の即時償却又は税額控除が利用可能。

②金融面での優遇・・・日本政策金融公庫による低金利融資、商工中金による低金利融資等

③補助金審査時に加点・・・小規模事業者持続化補助金申請時に審査が加点されます。

A4用紙2~3枚程度の書類なのでそこまで難しいものではありません。

ただ、事業計画をきちんと作成していない方には難しいと思います。

日々、事業計画というものは変わっていくものですので、営業戦略、営業戦術などを見直す上でもこれを機会に「経営力向上計画」の作成を検討されてみてはいかがでしょうか。