スタッフブログ

マスク等生産設備導入支援事業費補助金

  2020/04/20    補助金・助成金

日本国内では、新型コロナウイルス感染症防止対策の影響によりドラックストア等でマスクが手に入りにくい状況が続いています。

現在、ソフトバンクやアイリスオーヤマ等がマスク増産実施することを発表していますがそれでも足りない状況です。

経済産業省では、製造ラインの増強、新規製造ラインの設置や生産設備の導入等を行うための事業の経費の一部を補助して、日本国内でのマスクの安定供給を目的とした補助金を募集しています。

◎公募期間

令和2年4月8日(水曜日)~令和2年5月15日(金曜日)12時必着

第1回:4月17日(金)12時必着(既に終了) 
第2回:5月1日(金)12時必着(5月中機械装置設置完了事業者)
第3回:5月15日(金)12時必着(6月中機械装置設置完了事業者)
◎一般事業(生産ライン毎) 
・補助率
     中小企業者:補助対象経費の3/4以内      
      中小企業者以外:補助対象経費の2/3以内
・補助金上限額
  3,000万円
◎先進的事業
・補助率(生産ライン毎)
   中小企業者:補助対象経費の3/4以内
   中小企業者以外:補助対象経費の2/3以内 
・補助金上限額
   2億円
※マスクの生産・包装工程における生産設備が、成形から不良品検知、 包装等一貫した設備である等、マスクの生産量・出荷するまでの早さが他 社の生産ラインに比べて優れ、必要人数が少ない等、高性能の先端生産設 備であること。外部審査委員会を経て決定。
マスク生産事業者としてマスク関連原材料若しくはマスクを生産した実績がない事業者は応募出来ないため、全くの新規事業者は応募出来ません。
ただ、補助金は事業終了後の支払いが基本ですが、資金繰り等の問題もあるため、事業終了前でも財務省の承認を得ることが出来れば、補助金を受け取ることも可能です。
マスク生産増産を検討している事業者の皆様、ご検討下さい。