スタッフブログ

小規模事業者持続化給付金(コロナ特別対応型)

  2020/04/29    補助金・助成金

小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>が令和2年4月28日より公募開始されました。

通常、小規模事業者持続化補助金は補助金支給上限額が50万円までですが、今回公募されたコロナ特別対応型は補助金支給上限額が100万円までとなっています。

ただし、申請においては下記のいづれかの事業に該当する必要があります。

A:サプライチェーンの毀損への対応

顧客への部品供給を継続的に行うために必要な設備投資や製品開発

(例:供給部品調達困難による部品の内製化、出荷先営業停止に伴う新規顧客開拓)

B:非対面型ビジネスモデルへの転換

非対面・遠隔でサービス提供するためのビジネスモデルへ転換するための設備・システム投資

(例:店舗販売からEC販売へのシフト、VR・オンラインによるサービス提供)

C:テレワーク環境の整備

従業員がテレワークを実践できるような環境を整備すること

(例:WEB会議システム、PC等を含むシンクライアンシステムの導入)

補助金の対象となる経費は通常のものと同様になります。

◎補助金対象経費

①機械装置等費②広報費③展示会等出展費④旅費⑤開発費⑥資料購入費⑦雑役務費⑧借料、⑨専門家謝金、⑩専門家旅費、⑪設備処分費⑫委託費⑬外注費

◎補助金支給上限額

100万円

◎補助率

対象経費の2/3

◎募集期間

公募開始: 2020年 4月28日(火)

申請受付開始 : 2020年 5月 1日(金)(予定)

第1回受付締切: 2020年 5月15日(金)[郵送:必着]※ご注意ください。

第2回受付締切: 2020年 6月 5日(金)[郵送:必着]

※第2回受付締切以降も、複数回の締切を設ける予定であり、締切日は決定次第公表予定

公募要領はこちらを参照下さい。

現状の資金繰りの問題もあるかと思いますが、今後の営業活動も考えて補助金を活用してみてはいかがでしょうか。