スタッフブログ

東京都受動喫煙防止対策支援事業

  2020/05/12    補助金・助成金

今回は東京都で募集されている『中小飲食店・宿泊施設が行う受動喫煙防止対策を支援する事業』を紹介します。

もともとは東京オリンピック2020年大会に向けての取り組みでしたが、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により来年に延期になりました。

日本呼吸器学会の発表によると、喫煙は新型コロナウイルス感染症を重症化リスクがあるとのことです。

新型コロナウイルス感染症収束後を考えても分煙化は飲食店や宿泊施設等人が多く集まる施設を運営する側にとっては取り組まなくてはいけない問題です。

募集期間も令和2年4月1日〜12月21日です。

すぐに取り組むことが難しい事業者の方にもコロナウイルス収束するであろう時期を見計らって検討してみてはいかがでしょうか?

 

『中小飲食店・宿泊施設が行う受動喫煙防止対策を支援する事業』

◎補助対象

・東京都内の飲食店(個人又は中小企業が経営し、大企業が実質的に経営に参加していない店)

・東京都内の宿泊施設

◎補助対象事業及び補助上限額

(1)「喫煙専用室」・「指定たばこ(加熱式たばこ)専用喫煙室」の設置

・1施設につき、400万円上限

(2)東京都が平成27年度から平成29年度に実施した「外国人旅行者の受入れに向けた宿泊・飲食施設の分煙環境整備補助金」により整備した分煙設備の撤去等に係る経費

・1施設につき、150万円上限

補助率

・客席面積100㎡以下の中小飲食店が行う喫煙専用室設置の事業 補助率:9/10

・分煙設備の撤去事業 補助率:4/5

◎募集開始

令和2年4月1日(水)〜12月21(月)