スタッフブログ

外食産業におけるインバウンド需要回復緊急支援事業

  2020/05/19    補助金・助成金

出典画像 農林水産省 https://www.maff.go.jp/j/shokusan/gaisyoku/R2hosei_shien.html

新型コロナウイルス感染症の影響を特に受けているのが飲食店です。緊急事態宣言が解除された地域があるとはいえ第二波が来る可能性もあります。

新型コロナウイルス感染症が収束後のことを考えて営業戦略をたてることが重要です。
外国人観光客も激減していおり、来年に東京オリンピックも延期になっています。

来年、外国人観光客が増える可能性もありますので、インバウンド需要回復させることが経済の活性化にもつながります。

このようなインバウンド需要を回復をはかることを検討している事業者に対して補助金が農林水産省より令和2年度補正予算にて検討されています。

今回は飲食店に対して衛生管理の徹底・改善した設備・機器の整備や業態転換等をはかるための店舗の改装等の取組を支援する事業です。

◎補助金上限額:1,000万円

①衛生設備の改善

 空気換気設備、手洗い設備

②業務転換を図るための改装

 ・ビュッフェスタイル変更に伴う店内改装

 ・テイクアウト窓口設置等

これらの設計費、工事費、設備及び機器購入費、コンサルティング費、検査費用等が補助金対象となる予定です。

詳しくはこちらをご覧ください。