スタッフブログ

ものづくり補助金と知的財産権

  2020/11/26    補助金

✔︎ものづくり補助金と知的財産権

ものづくり補助金(詳しい内容についてはこちら)というと機械装置導入費やシステム導入費などに利用するケースが多いですが、是非とも利用していただきたいのが知的財産権関連の経費です。

自社独自の技術や製法を「特許権」、物品の形状、構造、組み合わせに係る考案を独占排他的に実施する権利の「実用新案権」パッケージデザインなどの「意匠権」、自社のシンボルマークの「商標権」などの登録費用が対象になります。

✔︎知的財産権取得のメリット

ものづくり補助金を申請する場合、特許権を対象経費とすることで、自社の「独自性」や事業の「革新性」をアピールすることができ、販路開拓の意味でも重要になります。

商標権」の例でいうと、自社のシンボルマークを登録せずに利用し、似たようなシンボルマークの会社が商標権登録していたため、その会社から警告措置を受けたというケースもあるようです。

商標権は製造業以外のあらゆる業種でも関係あるため。取得することをおすすめします。「特許権」「実用新案権」「意匠権」「商標権」は、弁理士業務であるため、当事務所は、提携している弁理士事務所を紹介しております。

ものづくり補助金の申請をお考えの方は、今後のトラブル防止という意味でも知的財産権関連の経費の申請も検討して頂くことをオススメします。

✅お問い合わせはこちら。