スタッフブログ

ものづくり補助金とは

  2021/01/16    補助金/助成金

⏩ものづくり補助金の事業概要

☑︎補助上限額

[一般型] 1,000万円

[グローバル展開型] 3,000万円

☑︎補助率

[通常枠] 中小企業 1/2、 小規模企業者・小規模事業者 2/3 以下を満たす3~5年の事業計画の策定及び実行

☑︎補助要件
付加価値額 +3%以上/年 ・給与支給総額+1.5%以上/年 ・事業場内最低賃金≧地域別最低賃金+30円

☑︎補助対象経費

・[通常枠]

機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、 クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費。

・[グローバル型]

機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサ ービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費、海外旅費。

*「機械装置、システム構築費」という項目が50万円(税抜き)以上の設備導入が必要です。

✅ものづくり補助金の活用事例参照。

⏩審査加点措置はあるか?

☑︎経営革新計画の承認

☑︎事業継続力強化計画の承認

☑︎政策加点:開業届又は履歴事項全部証明書(創業・第二創業の場合)

☑︎賃上げ加点:特定適用事業所該当通知書(被用者保険の適用拡大の場合)

⏩ものづくり補助金申請対象者

  中小企業、非特定営利法人が対象です。ただし、該当しない組合や財団法人(公益・一般)、社団法人(公益・一般)、医療法人、社会福祉法人及び法人格のない任意団体は対象外です

⏩GビスIDについて

GビズIDについては事前の取得が必要です。取得までに2〜3週間かかります。(詳しい内容はこちら

⏩まとめ

ものづくり補助金については、採択率が30〜40%くらいが平均です。優先採択されるためには、経営革新計画、事業継続力強化計画の事前の計画承認が必要です。(計画申請中でも可能ですが、他社よりも優位にすすめるためには事前取得が必要になります)

当事務所は、認定経営革新等支援機関の行政書士としてものづくり補助金の申請書類策定支援をサポートしています。

 お問い合わせはこちら