スタッフブログ

令和3年度当初予算「事業承継・引続き補助金」

  2021/09/21    補助金

令和3年度当初予算「事業承継・引続き補助金」についてご紹介致します。

6月~8月にかけて公募をしておりました「令和2年度3次補正事業承継・引継ぎ補助金」とは異なる部分がありますのでご注意下さい。

✳️令和3年度当初予算「事業承継・引続き補助金」

■申請受付期間
2021年9月30日(木)~10月21日(木)18時

■類型

(1)経営革新
事業承継やM&A(経営資源を引き継いで行う創業を含む。)を契機とした経営革新等(事業再構築、設備投資、販路開拓等)への挑戦に要する費用を補助します。

□補助率:1/2以内 
□補助上限:250~500万円以内(上乗せ額:200万円以内)
□補助対象経費:設備投資費用、人件費、店舗・事務所の改築工事費用 等
  
(2)専門家活用
M&Aによる経営資源の引継ぎを支援するため、M&Aに係る専門家等の活用費用を補助
します。
□補助率:1/2以内 
□補助上限:250万円以内(上乗せ額:200万円以内)
□補助対象経費:M&A支援業者に支払う手数料、デューデリジェンスにかかる専門家費用等

■「令和2年度3次補正事業承継・引継ぎ補助金」との違い

□補助率:2/3→1/2

□補助上限額(経営革新型):250〜500万円に変更

□補助上限額(専門家活用型):250万円以内(上乗せ額:200万円以内)に変更

□事前着手制度がなくなった。

□専門家活用における補助対象経費について、委託費のうち、FA・M&A仲介費用については、「M&A支援機関登録制度」に登録された登録FA・M&A仲介業者によるFA又はM&A
仲介費用のみが補助対象経費になる。

補助率、補助上限額が引くなりましたが、夏に申請出来なかった方は利用してみてはいかがでしょうか。

当事務所は、認定経営革新等支援機関の行政書士として補助金申請支援を行なっております。

✳️お問い合わせはこちら