スタッフブログ

当事務所が事業継続力強化計画の認定を受けました。

  2021/10/01    お知らせ

※事業継続力強化計画のロゴマーク

当事務所は、令和3年9月30日付で関東経済産業局より「事業継続力強化計画」の認定を受けました。

事業継続力強化計画とは、中小企業が策定した防災、減災の事前対策に関する計画を経済委産業大臣から認定を受ける制度です。認定を受けた中小企業は、税制優遇や金融支援、補助金の加点等の支援策を受けることが出来ます。

事業継続力強化計画の認定を受けて「ものづくり補助金」の申請をされると、優先選択されるため、「ものづくり補助金」の申請する前に認定を受けてから申請される事業者の方が多くいます。

日本は、地震、大雨、台風等の自然災害が多い地域ですが、近年では新型コロナウイルス感染症の流行も自然災害にあたり、経済産業省のほうでも「自然災害の対策」か、「感染症対策か」、を記載例として公募要領にも記載されています。災害に備えて、災害時にどのような対応をするかを、社内の体制、社員の防災教育、災害対策するために設備を導入の有無、設備導入のための融資申し込みの有無などを記載していきます。

当事務所は、新型コロナウイルス感染症の影響が終息する見通しも見えない状況下にありますので、「感染対策」について計画書を作成して、経済産業局より認定を受けました。

事業継続力強化計画の申請ですが、法人、個人事業主でも申請は可能で、従業員がいない1人会社でも申請は可能です。

それと事業継続力強化計画の認定された事業者は、上記のロゴが使用可能になり、取引先にも防災対策している企業であることがアピールすることは可能です。

補助金、融資の申請時の事業計画書に比べても内容は難しくはないので、設備導入する予定のない企業でも社内の新型コロナウイルス感染症の対策を見直す上でも一度計画書を作成して、認定を受けたら取引先にもアピールしてみてはいかがでしょうか?

当事務所は認定経営革新等支援機関の行政書士として、補助金申請、事業継続力強化計画の作成支援等も行っております。

お問い合わせはこちら

事業継続力強化計画の詳細