産業廃棄物収集運搬業許可

産業廃棄物収集運搬業とは?

産業廃棄物収集運搬業とは?

事業系ゴミのうち政令で定められたゴミ(燃え殻、汚泥、廃油、廃プラスチック類など)を排出業者から委託を受けて廃棄物を産業廃棄物処理施設まで運搬するために必要な許可です。無許可で営業した場合、5年以下の懲役、1,000万円以下の罰金またはそれら2つを併科される可能性があるのでご注意ください。

産廃収集運搬業許可の申請代行

産業廃棄物収集運搬業許可を行うための申請手続き一切を代行いたします。
地方自治体によっては申請の窓口予約が取れるまでに1カ月、申請から許可がおりるまで1~2カ月の時間を要する場合があります。
許可が必要な事業者様はお早めにお問い合わせください。

  • 事前相談・要件の確認
  • 必要書類の収集
  • 許可申請書の作成
  • 行政窓口への申請書提出
産廃収集運搬業許可の申請代行

産廃収集運搬業「新規申請」に必要な条件

条件1
産廃収集運搬業許可申請に関する講習会を受講済

(公財)日本産業廃棄物処理振興センターが実施する講習会を2日間で5科目受講する必要になります。受講後、修了試験に合格しないと修了書交付されませんのでご注意ください。(不合格の場合、再試験を2回まで受けることが可能)新規の講習会修了書は5年間、更新の場合は2年間有効です。

条件2
経理的基礎を有している

事業者の利益が計上できること、債務超過でないことが基準となっており、法人の場合は直近3年間の決算書や納税証明書、個人の場合は資産に関する調書と直近3年間の納税証明書が必要になります。
また、直近で赤字や債務超過の状態が続くと中小企業診断士、公認会計士、税理士が作成した「経理的な基礎を有する説明書」や「収支計画書」が必要となります。

条件3
適法かつ適切な事業計画を整えている

適法かつ適切な事業計画の要件として、その内容が計画的に実施され、業務量に応じた施設や人員など適切に業務が遂行される体制が整っていることが必要です。

条件4
収集運搬に必要な施設がある

産業廃棄物が飛散、流出、異臭がしないよう運搬車や施設有していることが必要です。

条件5
欠格自由に該当しない

産業廃棄物の許可を受けようとする事業者(法人の場合、役員、支店長、営業所長、支配人、個人の場合は本人)が、成年被後見人もしくは被保佐人または破産者で復権を得ない者、暴力団員に支配されている者、暴力団員だったものが含まれている法人などは欠格要件に該当します。

料金表

  • 手続きの種類
  • 申請種別
  • 法定手数料
  • 報酬金(税別)
産業廃棄物収集運搬
1ヵ所
  • 新規

  • 81,000

  • 100,000円~

  • 更新

  • 73,000

  • 80,000円~

特別管理産業廃棄物
1ヵ所
  • 新規

  • 81,000

  • 100,000円~

  • 更新

  • 74,000

  • 100,000円~

変更許可
1ヵ所
  • 産業廃棄物

  • 71,000

  • 80,000円~

  • 特別管理

  • 72,000

  • 80,000円~

変更届
  • -

  • -

  • 30,000円~

申請手数料、印紙代、証紙代金の費用に関しては、前払いで請求をお願いしております。