スタッフブログ

Jグランツ(電子申請システム)とGビズIDプライム登録

  2020/02/10    補助金・助成金

2020年度より経済産業省系の補助金に関しては、Jグランツという電子申請システムでの電子申請が原則になります。

小規模事業者持続化補助金、ものづくり補助金、IT補助金なども対象になっており、経済産業省系の27の補助金が対象となっております。

2019年度補正予算

  1. 小規模事業者持続化補助金
  2. ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(ものづくり補助金)
  3. サービス生産性等IT導入支援事業(IT補助金)
  4. 事業承継補助金
  5. インバウンド需要による地域消費拡大推進事業
  6. 大企業人材など新規事業創造推進支援事業
  7. アジアDX等新規事業創造支援事業

2020年度当初予算

  1. 質の高いインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業
  2. 技術協力活用型・新興国市場開拓事業(研修・専門家派遣)
  3. 質の高いエネルギーインフラの海外展開に向けた事業実施可能性調査事業費補助金
  4. 低炭素技術を輸出するための人材育成支援事業費補助金
  5. 伝統的工芸品産業支援補助金
  6. 皮革産業振興対策事業
  7. JAPANブランド育成支援等事業
  8. 商業・サービス競争力強化連携支援事業(新連携支援事業)
  9. 産油国石油精製技術等対策事業費補助金
  10. 石油ガスの流通合理化及び取引の適正化等に関する支援事業(構造改善推進事業)
  11. 原子力の安全性向上に資する技術開発費補助金
  12. 社会的要請に応える革新的な原子力技術開発支援事業
  13. 原子力産業基盤強化事業
  14. 産学融合拠点創出事業
  15. ヘルスケアサービス社会実装事業
  16. 地域・企業共生型ビジネス導入・創業促進事業
  17. 省エネルギー投資促進に向けた支援補助金
  18. 電気自動車・プラグインハイブリッド自動車の充電インフラ整備事業費補助金
  19. 技術協力活用型・新興国市場開拓事業(社会課題解決型国際共同開発事業)
  20. 商店街活性化・観光消費創出事業

このJグランツを利用するにはGビズIDプライムというアカウントが必要になります。

GビズIDとは複数の行政サービスにアクセスできる認証サービスです。

現在、GビズIDで利用できる行政サービスは下記になります。

  1. Jグランツ(経済産業省)
  2. 保安ネット(経済産業省) 産業安全・製品安全分野の一部手続きをインターネットで提出できるサービス
  3. 農林水産省共通申請サービス

GビズIDプライム作成とGビズIDエントリー作成と2つある中で必ずGビズIDプライム作成を選択してください。(GビズIDエントリーだと申請の閲覧のみで、申請自体することは出来ないのでご注意ください)

GビズIDプライム登録後、申請書類を印刷→ご自身の印鑑証明書を添付して郵送→承認後、事務局から完了確認メールの流れになります。

GビズID取得には、2~3週間かかりますので余裕をもって取得されることをおすすめします。

GビズIDプライムに登録すると委任申請もできる予定になるとのことです。(2020年2月時点)

補助金申請時にGビスID登録が面倒なんで手続きを依頼したいとのご要望ありましたら弊所までご連絡ください。

Jグランツについてはこちら

GビズIDプライム登録はこちら